「…此処もダメだったな…」




白を基調としたジャケット
そのジャケットからなびくマフラーが印象的な、しかしどこか締まりのない顔の青年が言った


「仕方がなかろう。私が持つ傷を癒せる薬や方法など、存在している方が不思議なのだ」


その青年の隣で、青年より少し年が上であろう女性が言った
その女性の髪は、白に近く、薄い紫色をしていて、それを兎のように二つに結い上げている

「仕方ない訳なんてあるかよ…」

どことなく、寂しそうに、青年が言った
女性は青年を見ることなく、言葉だけを聞いてうつ向いた

「? ラクウェ「アルノー」
「…何だよ、ラクウェル」

呼ぼうとして、女性を覘き込もうとして、逆に呼ばれた
アルノーと呼ばれた青年は、少し目を丸くしてラクウェルと呼んだ女性を見る
ラクウェルは顔を上げて、アルノーと目を合わせる
真正面からのラクウェルの視線に、アルノーは一瞬ときめいて、少し赤くなる






「…私は、おまえがいれば、たとえ、この体が治らずとも幸せだよ」






柔らかく、ラクウェルが笑う
ラクウェルの言葉に、アルノーは面食らってしまった




「…だったら尚更、死なせない」
「期待してるよ」




ラクウェルは笑みを深くした









END



広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット