「ヴォルスング―…オレはいつでもお前を受け入れる準備はできてるぜ。早く戻ってこいよ。ファルガイアの大地にな―…」




そう、空を見上げながら言うディーンに、アタシとアヴリルは微笑みながら頷いた




「アタシ達が生きてる間にまた、会えるよね…―」




ディーンと同じように、空を見上げる
願わくば、そう遠くない未来に、四人で笑いあえていることを夢に見ながら―…






END
広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット