「…ティア、あなた…自分にくる縁談を全て断っているそうね」

ナタリアが、私の部屋に来るなり真剣な眼差しで言う
何を言い出すのかと思えばそのことか
私は小さく溜め息をついた

「…えぇ」

私が頷くと、彼女は考え込むような素振りを見せる
その表情を見ていれば、考えていることくらいは想像つく
多分、その脳裏に浮かんでいるのは彼―ルークのこと
私が自分にくる縁談を全て断っている理由を、彼のせいだと思っているのだろう
間違ってはいないけど

「…あなたは、いつまでそうするつもりですの?」

訊かなくても分かっているはずだけど

「…私、結婚するつもりなんてないもの。多分、一生このままね」

誰とも、出来る訳ないもの
ルークは私達のために、自分を犠牲にしたことになるのだから

「…やっぱり、ルークのせいですの?」
「…ルークのせいでもないし、ルークのためでもないわ。ただ」
「ただ?」
「…ただ私が、ずっとルークと一緒に生きるって…そう、決めたから」




ただ、自分のため
ただ、それだけ








広告 [PR]スキンケア  転職 化粧品 無料 ライブチャット